各宗派の思想(天台宗の法話から)

天台宗の法話から
身・口・意の三業(ごう)を浄める


宗派やその分派による思想を具体的に考えていきたいと思います。

まずは天台宗の法話です。 『生物から見た世界』という本に出ていた問題だそうです。
-----
【道路を歩いていると、突然カラスにつつかれたのでとっさに道端に落ちていた棒を拾って投げ付けました。投げ付けた棒と、拾う前に道端にあった棒は同じでしょうか、違うのでしょうか。道に落ちていた棒を拾って投げたのですから同じ棒に決まっています。棒に変わりはありません。成分も形も重さも何ら変わっていないはずです。

ところが棒は大いに変化しているというのです。棒という存在の意味がすっかり変わってしまったのです。つまり、路傍(ろぼう)の棒がカラスを追い払うための“武器”へと変化してしまったのです。そのもの自体は同一であるのに、存在の意味が変化したのです。その変化の主な原因は棒にあるのではなくその棒を取ろうとした人間の方にあります。


不動産投資 節税 不動産投資 失敗 不動産投資 利回り
不動産投資 ローン 不動産投資 物件 不動産投資 東京 不動産投資 神奈川
不動産投資 リスク 不動産投資 セミナー 不動産投資 収益物件 不動産投資 アパート マンション投資


人の心が、人の行いが、科学的には同一であった棒に変化を与えたというのです。このような人間の行いを身・口・意の三業(ごう)といいます。身体的な行いと、ことばで表す行いと心に思う行いのことです。そして、この三つの行いを浄(きよ)めよと仏教は教えています。浄めるとはどういうことでしょうか。

その三業の行動が自己中心のわがままになっていないか、こだわりや執着がないか、欲望はコントロールができているか、他人を傷付けていないか、常に反省することではないでしょうか。そしてこの三業はそれぞれの行いだけでなく、その行いによってもたらされる結果をも含んでいます。よきにつけ、あしきにつけ、私たちのこの三つの行いは、結果として自分を含めたさまざまな存在の意味づけをするのです。 】
-----

人間は常に自己中心的な考え方をしがちですよね。でも自分でそれを制することができなければ、自分の欲のために他のものを傷つけることにもなるし、自分や他人の名誉を傷つけることにもなってしまう。エゴを捨ててもっと謙虚な気持ちを持つべき‥といった教えのように私は思いました。なかなか簡単なことではない話だと思います。

当てはめて考えられる場面が日常にもたくさんありそうですが、葬儀の場面でも言えるのではないでしょうか。亡くなった故人のために行う葬儀であるのにもかかわらず、いつの間にか遺族達のエゴや見栄などのために葬儀の段取りでモメていたりといった場合に、そんなときこそ仏前でしばしこのお話を考えてみてはいかがなものかと思います。
残業代 横浜市町田 ゴルフスクール栄養満点で副菜にもピッタリ!素朴な味わいの切り干し大根です 我が家のメニューでも、割と食卓にのぼる機会が多いのがこの切干大根とすき昆布の煮物です。 子供たちも好んで食べてくれますし、栄養価も高いメニューなので頻度が高いのです。 作り方は簡単で、切干大根とすき昆布をそれぞれ水につけている間、人参・蓮根・インゲン・こんにゃく・きのこ・竹輪などの具材を切っておきます。 同時にお酒・醤油・みりん・鰹出汁でつゆを作っておきます。 あとは切干大根と昆布の水を切り、だし汁に具を投入して20分ほど煮込めば出来上がりです。 材料さえ切れば後は鍋に入れるだけなので、お手軽ですね! 素朴ながら素材の旨味がしっかりした味わいなので、ご飯のおかずにピッタリです。 冷めても美味しいので、汁気をしっかり切っておけばお弁当にも使えますよ^^

中古マンションの購入には必ず必要なのが
良心的な不動産屋さん。
中古マンションの購入なら
さくらエステートがオススメです。