父の葬儀で費用が掛かる事を知りある葬儀社の会員積み立てを開始

葬儀社の会員積み立て

 私の父が亡くなった時、ある有名な葬儀社の会館で葬儀を行いました。高齢な母に代わって、様々な手配や段取りを葬儀社の方のアドバイスに従って行いました。

 そこで初めて、葬儀の大変さを実感しました。父の葬儀には、母の要望でお坊さんを3名、導師様と脇導師様2名をお願いしました。お坊さんを1名にしても、そのお布施と葬儀社への支払いを合計すると結構な金額だという事も、改めて認識しました。

 その後、近所に新たな葬儀会館ができ、内覧会のチラシが入っていたので女房と見学に出かけました。葬儀の費用を比較するのはなかなか難しいですが、父の葬儀を行った所より、安く済みそうなので、会員積み立てに入りました。

 こうした会員積み立ては、顧客の囲い込みだとは判っていますし、満額になっても、その費用は最低限だという事も判っています。しかし、何かあった際には、迷わずその葬儀社にお願いできると言う、変な安心感ができました。

 

一般的な仏式葬儀について

日本で最も行われている葬儀としては、仏式葬儀というものがあります。

その仏式葬儀というものですが、特に注目していただきたいのが日本の葬儀の90パーセントを超えると言われる方式であるという部分です。

ですので、葬儀を行う場合や出席する時にそちらについての風習などをしっかりと押さえておけばほぼ問題ないものです。

一般的なタイプの仏式葬儀となるわけですが、中身についてはいくつかにわかれますので、その点は抑えておくと良いかもしれません。

少なくても自分の家の宗派といったものは把握しておきまして、その宗派で行われる葬儀については前もって調べておきましょう。

葬儀のスタイルとしては僧侶の方が読経を行うというものが大きな特徴でもあります。



町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar