葬儀における供花の並べ方とは?

葬儀における供花の並べ方とは?

葬儀にはお花がつきものですが、その花にもさまざまな種類があります。
仏教の場合、亡くなった方の枕元に置く「枕花」は通夜前から飾り、祭壇の花は葬儀会社の方や専門の方が設営してくれますので問題はないのですが、問題は祭壇の左右に飾る花の配置です。

葬儀自体が礼儀と人間関関係を非常に重視する為、供花の順番は大切です。

1・故人の子供の花は祭壇のすぐそばに配置
2・故人の兄弟・姉妹
3・故人の孫
4・その他の親戚
5・故人が勤めていた会社、団体、サークル
など、葬儀に関しては血縁が濃い順番に並べるのが一般的ですが、供花は皆が眼にするものです。葬儀自体は喪主が取り仕切りますが、あくまでも故人中心で考えてください。

田舎ではこの供花の位置で結構もめたてしまう事がありますので、十分に注意するようしましょう。

 

仏式の葬儀をあげるときは…。

日本人の大多数が、葬儀をあげる際、仏式を選びます。
宗派によって作法やしきたりの違いが多少ありますが、基本的な葬儀の進行はあまり変わりがありません。一番大切なのは、菩提寺のある方はそのお寺に連絡を忘れないことです。

急に身内に不幸があった場合、慌てないためには事前に葬儀に関してお寺に相談しておくことがベストです。

聞きにくい戒名やお布施のことも、その時に聞くことができます。
また、宗派によっての作法の違い、葬儀の信仰の違いなども事前に聞いておくことで対応ができます。

場合によっては、信仰している宗教の施設で葬儀をあげることもできるかもしれません。

どうしても亡くなった後というのは忙しいですし、何かと様々なしきたりがあるのが葬儀というものです。

いざというときに慌てないよう、葬儀に関しては事前に調べ、相談しておくことが大切なのです。




町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar