葬儀前に焼香の作法を参列者に伝えた葬儀社の心づかい

葬儀前に焼香の作法を参列者に伝えた葬儀社の心づかい

私は多くの葬儀に参列した事がありますが、その度に気を使うのが、不祝儀の表書 きと、焼香の作法です。  仏教でも、宗派によってそれぞれの作法が違うのです。 特に焼香は多くの方が見ている中で行うため、更に気になります。 

ある葬儀に参 列した時、葬儀の開式の前に、葬儀社の方が焼香の作法について説明されました。 その葬儀は浄土真宗本願寺派の作法で執り行われるものでした。 一般的には焼香 をつまんで額の所まで押し頂いた後くべるのを3回繰り返す方が多いですが、浄土 真宗本願寺派の作法では投げ入れ焼香1回が正式ですと説明されました。 
投げ入 れ焼香とは、額までつまんだ焼香を押し頂かずにそのまま炉にくべるやり方です。  たまたま、私も門徒なので、その作法は知っていましたが、宗派の違う方には、 ありがたい説明だったと思います。

さらに、その葬儀社の方は、もしいつもの習 慣で違う作法で焼香されても、心がこもっておれば気にする必要はありませんとも 付け加えられました。この言葉には感心しました。 こうした心づかいをする葬儀 社は何かに付けて行き届いているのではと感じました。 

 

自然葬で自然にかえるという葬儀の考え方

自然葬というものが注目を集めています。

自然葬は自然にかえるという葬儀の考え方になります。骨を自然にまくというものになります。森林でありましたり、海でありましたり、川であったりという事が多くなってきました。

近年では自然環境に興味がある方も増えまして、そのような葬儀もどんどんと増えてきています。

将来的には自然葬という葬儀の考え方もさらにパワーアップしまして、宇宙に骨を巻くような時代も来るのではないかといわれています。
葬儀というものですが、自然にかえるというわけですが全く葬儀としての儀式をしないわけではありません。

簡単な儀式を行った上で散骨を行います。
また散骨専門の業者というものもありますので、そのようなところを利用するような機会もあるかもしれないので覚えておきましょう。




町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar