素敵なお葬式づくりには無宗教葬

素敵なお葬式づくりには無宗教葬

お葬式は、故人にとって非常に大切な儀式ですし、最後の大舞台とも言える存在です。

そのような大切な儀式において、音楽を用いる無宗教葬を行われる方が最近増えています。私の知人も、無宗教葬をおこなっていました。葬式の流れのなかに音楽をプラスするだけでも無宗教葬と表現できます。

特別な楽団や奏者を呼ばなくても、CDやテープなどを用意して無宗教葬をおこなわれる方も多いものです。お手軽に行なえて、コストも少なく済みます。

無宗教葬は、どのような宗教であっても対応していることが特徴です。

仏教やキリスト教など従来のお葬式に音楽をプラスして、宗教を尊重しつつ同時に無宗教葬をおこなうことも叶えられます。

また、無宗教葬は特別な宗教を持たない方からも人気を集めています。

 

自分が望む無宗教葬の理由と意義

最近、私は叔父の葬儀に参列した。そのときふと「私が自分の葬儀は無宗教葬が良い」と思ったのです。それは私の人格形成において音楽が絶対的な存在だった為である。葬儀とは故人とそれを偲ぶ方との最後の共有する時間である。さらに言えば、故人の方が生前に関わりのあった方をお招きするという意味合いを私は重要視したい。それがもし私の葬儀が無宗教葬であれば、自分の愛した音楽を会場に響かせる無宗教葬にして、親しい人たちに音楽から連想する自分との思い出を振り返ってほしいと思う。音楽とは精神性と関連が強いものである。よく音楽は耳で聴くのではなく心で聴くのだというが、音楽は聴く人の心に直接メッセージを届けるものである。死を迎えた自分がもはや語れないのであれば、無宗教葬で自分が愛した音楽に代弁してもらう手段は非常に有効だと思える。いつか来る無宗教葬の為に、私は日ごろから好きな音楽をまとめておくことにする。
葬儀について



町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar