任意売却の相談員が親切にしてくれました!

任意売却の相談員が親切にしてくれました!

とある事情で離婚を余儀なくされました。弁護士をいれて話し合いをし、夫が慰謝料と養育費と住宅ローンを払うということで和解が成立しました。親権は母親の私が持つことができました。子供と新しい人生を始めようと思ったのですが、1年もしないうちに裁判所から連絡がきたのです。なんでも夫は会社を辞めていて既に住宅ローンの支払いが滞っているというのです。
寝耳に水でした。そういえば子供にも連絡がないと思っていました。住宅ローンの保証人だった私が住宅ローンを払うことになってしまったのです。夫は音信不通でした。元自宅が競売にかけられれば売れるけど残債が残ってしまうから借金を私1人で払わなければいけない。ただでさえ生活が困窮しているのに無理だと思いました。そこで任意売却を考えました。分からないので、まずは任意売却の相談員のところにいきました。担当の方は非常に親切に対応してくれました。
その後、夫とも何とか連絡がとれるようになり、一緒に任意売却の手続きを進めていくことになったのです。早く対応したことで競売を避け、借金の額もそれほどではなく済ませることができました。すべては任意売却の相談員のおかげだと思っています。
任意売却の相談はすべて無料だったので安心して相談することができました。任意売却の相談も有料だったら絶対にしていないと思います。  


任意売却なら住宅ローン返済中でも家が売れる

マイホームを購入するときは、一般的に金融期から住宅ローンを借り入れます。もし、ローンを完済しないうちに支払い能力がなくなった場合に取ることがきる手段が、任意売却なのです。
マイホームのための住宅ローンは、長期に渡って支払いを続けます。長い返済期間の途中には、病気や倒産、離婚などで支払いことが出来なくなることがあります。任意売却は、こういうときに使うことができます。
普通、マイホームを売却するには、住宅ローンの一括返済が必要になります。ローンを組むときに、金融期間は融資の担保として購入した家に抵当権の設定をします。 住宅ローンの返済途中で家を売りたいと思ったなら、この抵当権を外すためにローンの金額をゼロにする必要があるのです。 住宅ローンの一括返済ができない状態で家を売却するには、金融機関の抵当権を外して貰う必要があります。これが、任意売却です。 任意売却は、債権者である金融機関との合意がなければ実行できません。任意売却は便利な制度に思えますが、ローンの支払いが3ヶ月から6ヶ月遅れて、初めて実行できます。  


【東京都下(市部)】
任意売却 八王子市/ 任意売却 立川市/ 任意売却  武蔵野市/ 任意売却 三鷹市/ 任意売却 青梅市/ 任意売却 府中市/ 任意売却 昭島市/
任意売却 調布市/ 任意売却 町田市/ 任意売却 小金井市
任意売却 小平市/ 任意売却 日野市/ 任意売却 東村山市
任意売却 国分寺市/ 任意売却 国立市/ 任意売却 福生市/ 任意売却 狛江市/ 任意売却 東大和市/ 任意売却 清瀬市/ 任意売却 東久留米市/ 任意売却 武蔵村山市/ 任意売却 多摩市
任意売却 稲城市/ 任意売却 羽村市/ 任意売却 あきる野市/ 任意売却 西東京市

Calendar