音楽葬で大切な人へ最後のプレゼントを

音楽葬で大切な人へ最後のプレゼントを

音楽葬とはその名のとおり、音楽で故人を見送る葬儀の形態です。
流す曲は故人が生前好きだった曲などであることが多いです。

仏教でいうお経、キリスト教でいう讃美歌の代わりに、故人と関係の深かった曲で見送ってあげる、という無宗教の葬儀の形の一つです。
音楽葬当日は最初から最後まで、音楽が流れます。

音源はCDやカセットテープであったり、今は友人やプロ達の生演奏を行うことも多いようです。

静かな曲のみの使用なのかな、と思われがちですがポップスなどを使うことも可能です。

例えば故人がカラオケでよく歌っていた曲や、バンドを組んでいた時に一緒に演奏した曲を流せるのも音楽葬ならではです。
音楽葬の魅力は世界でたった一つのお見送りが出来るところです。

無宗教の葬儀なので決まりにこだわりすぎることなく、他の葬儀に比べて比較的自由にどうやって見送るかという内容を決めることができます。

音楽葬で最後の時間を家族や身近な人たちで大切に過ごし、音楽という形で故人への最後の贈り物をするというのも素敵ですね。

 

音楽葬で心こもった素敵なお葬式を

故人に対して、あたたかいセレモニーや心のこもった儀式をおこなうにあたって音楽葬を活用される方が増えているようです。

音楽葬は、葬式の方法の一種でありますが、特別決まった風習やしきたりなどがあるわけではありません。

葬式の中に、音楽をただプラスするだけでも音楽葬と言えますし、音楽を中心とした葬儀をする場合でも音楽葬です。

音楽葬は、宗教を持たない人からも支持されています。

仏教やキリスト教など、特定の宗教が無い場合でも素敵なお葬式をすることが出来ます。

音楽葬は、少人数でのお葬式にも適していると感じています。

家族やごくわずかの親戚など参列者が少ない場合であっても、音楽のパワーを借りればお葬式のムードを盛り上げることが出来ます。
音楽葬・家族葬・無宗教葬について



町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar